ブログ

【7月24〜25日】Kinoccaワークショップ at DIY FACTORY 二子玉川

7月24日と25日の二日間、東京都世田谷区のDIY FACTORY FUTAKOTAMAGAWAで輪ゴムの力で走る木の車、「Kinocca(キノッカ)」のワークショップを開催しました!

3歳から4年生までたくさんの子どもたちにKinocca作りを楽しんでいただきました。

Kinoccaは木の温かみのあるおもちゃなので、プラスチック製のおもちゃとはまた違った魅力を感じていただけたと思います。

左からトラック、スポーツカー、乗用車です。

左からトラック、スポーツカー、乗用車です。

Kinocca作りのワークショップは、乗用車、スポーツカー、トラックの3種類のうち、一番好きなかたちの車を選ぶことから始まります。

ボディを選んだら早速組み立てたいところですが、ちょっと我慢して、まずは紙やすりでボディの表面をなめらかにし、角を少し丸めてあげます。

紙やすりで表面を整えて、角を丸めることで、色を塗るときのペンの滑りが良くなり、見た目や触った感じが柔らかくなります。

やすりがけが完了したら次は色塗りです。手についても落ちやすい水性マーカーを使って自由気ままに塗ってもらいます。色もデザインも思いのままです。
乾けば色を塗り重ねられますので、多少はみ出してもあとから修正することが可能です。

息をするのを忘れて真剣に色塗りをしています。

息をするのを忘れて真剣に色塗りをしています。

ようやく一息ついてこの笑顔

ようやくひと息ついてこの笑顔。

お母さんもサポートしてくれました!

お母さんもサポートしてくれました!

きれいに色が塗れたらお待ちかねの組み立て工程です。
この工程ではタイヤと車軸をカナヅチを使って組み立てます。タイヤが軸から簡単に抜けないようにキツめに作ってあるのでちょっと力が必要ですが、「あと2ミリ」、「あと1ミリ」と様子を見ながら少しずつはめ込んでいきます。

カナヅチを使うのが不安な小さなお子さまもスタッフがしっかりサポートさせていただきます。
アンケートでは「今回のキノッカのワークショップで生まれて初めてトンカチを使いました。楽しかった。」との感想をたくさんいただきました。

車体の組み立てのあとはキノッカを走らせるためのカタパルト(発射装置)を作り、早速テスト走行です!

カタパルトの使い方を習って…

カタパルトの使い方を習って…

テストコースで競争です!

テストコースで競争です!

カタパルトの輪ゴムのひっぱり具合で発射のパワーを調整し、カタパルトの向きで進む方向を定めて手を離します。

「ゴロゴロゴロ〜」と元気にKinoccaが走って行けば大成功です!

ワークショップに参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました!

IMG_3460 IMG_3608 IMG_3568 IMG_3484 IMG_3415 IMG_3525 IMG_3590 IMG_3426 DPP_0001 IMG_3612

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る