ブログ

【4月29〜30日】鈴廣かまぼこの里 GWイベント 木のおもちゃワークショップ実施!

ゴールデンウィークの4月29日と30日の2日間、
神奈川県小田原市の鈴廣かまぼこの里、かまぼこ博物館にて
木のおもちゃづくりワークショップを行ないました。

今回も大人気のサクラの材でつくる「木の電車」と、小田原・箱根の伝統工芸の寄木を使った
鳥のさえずりを楽しめる「バードコール」づくり、
ヒノキの香りで癒される「コロコロ動物」のワークショップを行いました。

ペンで色を塗ったり、木槌を使ってタイヤをつけたり、シールを貼ってデコレーションしたり、
世界でひとつのオリジナル木のおもちゃが完成です!

オリジナルシールのラインナップに「伊達巻」や「こいのぼり」も登場♪
かまぼこや伊達巻のシールを貼れば旅の思い出が完成です。

かまぼこの里では鰹(かつお)の元気さと縁起の良さにあやかった
風をうけて泳ぐ「鰹のぼり」があがっていました>゜))))彡

 

かまぼこ博物館は箱根登山鉄道の風祭駅が目の前にあり、
完成!の写真撮影の時に田園都市線の顔マネを披露してくれたキッズや、
木の電車を連結させたいとはるばる群馬県からリピートして2両目をつくられたご家族、
バードコールをつくったあとに電車もつくった子など、
今回も電車大好きキッズたちが自分だけの電車づくりに熱中していました。

ブース内には今回もイベントで大好評の「さかみちコロコロ」を設置。
電車をつくった後はさっそくテスト走行!
レール部分は寄木細工の材料として使われる色の違う木材を使用し、
木琴のように音が鳴るようにつくっているため、目や耳も楽しむことができます。

アスペングローブのワークショップにご参加いただきありがとうございました!
つくったおもちゃでぜひ長~く遊んでください♪

また、このたびワークショップ開催の機会を頂きました鈴廣かまぼこ様、クラフトえいと様、本当にありがとうございました。

※ 記事に使用させていただいた参加者さまのお写真は事前に許可をいただいたものです。ご協力ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る