ブログ

【5月6日】京急百貨店 木工ワークショップ レポート!

前日に引き続き、5月6日も横浜市上大岡の京急百貨店で子ども向け木工ワークショップを開催しました!
ゴールデンウィークということもあり、この日も5階子ども用品フロアはお子さま連れのお客さまでにぎわっており、ハグ・クミ・パーク内の aspen grove 特設ブースでは前日の子どもの日よりも多くのお子さまに木のおもちゃ作りを体験していただきました。

この2日間は鳥のさえずりのような音を出すことができる「バードコール」と輪ゴムの力で走る木の車「キノッカ」の2つのワークショップを同時開催。バードコールは神奈川県の間伐材(かんばつざい)を使用した木工品や箱根・小田原の伝統工芸の寄木細工の端材など、環境にやさしい材料を使用しています。

間伐材とは、他の木がまっすぐによく育つように切られた木のことで、小田原の木工職人さんは他の木を育てるという意味で「父母材」と呼んでいるそうです。
父母材を切ったおかげで地面に日が当たるようになり、地面に草木が生えることで山に栄養が行き渡り、他の木々が太く元気に育つそうです。
山が元気になると次に山の栄養が川を流れ、海に出ていきます。栄養たっぷりの海では魚が元気に育ち、たくさん獲れるようになります。父母材(間伐材)ってすごいですね!
木のぬくもりを感じつつ、まずは手になじみやすいよう紙やすりで角を削ったり表面を整えていきます。

そのあとはDIY入門編!スタッフの説明をしっかり聞いて、金づちやドリルの使い方をおぼえます。初体験のお子さまも多く、真剣なまなざしで道具を手にして作業している姿は、保護者の方々の絶好の撮影タイム!みんな上手にできました。

好きな色を使い、車やバードコールを自由にデザインする時間も真剣勝負。カラフルで想像力豊かな作品が次々に生まれました♪

作り上げたあとはコースで車を走らせたり、ピヨピヨと上手に鳥のさえずりを鳴らしたり、にぎやかなフロアに笑顔がこぼれます。
スタッフも思わず笑顔になるひと時です。

この日ちょうどお誕生日のお子さまには、ワークショップにご参加いただいた記念にスタッフから寄木のバードコールをプレゼントさせていただきました♪
3歳前後のお子さまの参加も多く、保護者の方と一緒にカラフルな作品づくりを楽しんでいただきました。

ご参加いただいた皆さま、京急百貨店5F子ども服売り場のスタッフの皆さま、本当にありがとうございました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る