ブログ

【7月24日】中央区立環境情報センター 木工ワークショップレポート!

昨日に引き続き、本日も京橋駅直結東京スクエアガーデン6階の中央区立環境情報センターさんで開催されている「もりもりフェスティバル2017」で、「バードコール」と「メモスタンド」の2種類の木工ワークショップを行ないました。

 

昨日もたくさんの方にご参加いただいたのですが、本日は昨日の倍近い方にアスペングローブの木工ワークショップを楽しんでいただきました。

その中でも今日は、たくさんの大人の方にもご参加いただきました。

親子で相談しながらお絵かきや色ぬりをしていたのがとてもほほえましかったです。

夏休みの自由研究や工作の題材にピッタリということで、木の種類や音の違いについての質問も多く受けました。

印象的だったのは、香りで端材をえらんだ小学生がいたこと!

説明をする前から自分の鼻を頼りに、桧原村から提供されたヒノキを選んでいました。

ヒノキの香りの魅力を堪能しながらカラフルなバードコールを作りました。

 

ほかにも昨日とても楽しかったとのことで、今日も足を運んでいただいたご家族がいらっしゃいました。

アスペングローブのスタッフ一同、小さなリピーターさんにとても嬉しくなりました♪

ありがとうございました!

それから本日はワークショップの様子を中央区のテレビ広報「こんにちは 中央区です」の取材が行われました。

お子さまたちは緊張しながらもきちんとインタビューに答えたり、カメラが向いていてもしっかりとドリルで穴をあけていました。

取材を受けたことも夏休みの良い思い出になったと誇らしげな笑顔で話してくれたお子さまもいました。

アスペングローブとしても大変良い経験をさせていただきました。

アスペングローブのワークショップはこの2日間で終了ですが、「もりもりフェスティバル」は7月30日(日)まで開催されています。

環境や自然についていろいろ学ぶことができるこの施設で、夏休みの自由研究のネタ探しはいかがでしょうか。

 

今回のワークショップでは、中央区の森(檜原村)や清水建設さん、小田原市のクラフトえいとさんよりご提供いただいた端材を使用させていただきました。ご提供、どうもありがとうございます。

暑い中お越しいただいたみなさま、ありがとうございました!

中央区立環境情報センターの松田様をはじめスタッフのみなさま、サポートありがとうございました!

 

※ 記事に使用させていただいた参加者様のお写真は事前に許可をいただいたものです。ご協力ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る