ブログ

【1月22日】座間市勤労者サービスセンター主催「アートクレイシルバー教室」レポート!

神奈川県座間市市民健康センターにて、座間市勤労者サービスセンター主催の「アートクレイシルバー教室」のインストラクターを務めさせていただきました。

アートクレイシルバー(純銀粘土)は、純銀の粉末に水と接着剤を混ぜ粘土状にした素材で、こねたり伸ばしたり型で抜いたり型に押し当てたりすることで自由自在な形を作ることができます。形を整えたら乾燥させ、高温の電気炉で数分焼成することで純度99.9%のシルバーアクセサリーができあがります。

座間市市民健康センター

座間市市民健康センター

IMG_8119

たくさんの型を見ながら作品の構想中

今回は、以前何度か参加して頂いたベテランの方2名を含む8名の参加者に、思い思いのセンスとこだわりをたっぷり込めた純銀アクセサリー作りをフリーコースでお楽しみいただきました。

IMG_8124

銀粘土をこねたり伸ばしたりして形を作ります

IMG_8143

ホットプレートで乾燥中

初めてのシルバーアクセサリー作り体験の方をベテランの方が優しくサポートしてくれるなど、和気藹々とした雰囲気の中、上品でエレガントな作品、渋くてカッコいい作品、お孫さんやワンちゃんにプレゼントするためのかわいい作品などバリエーション豊かな作品がどんどん出来上がっていきます。

焼成前は割れやすいので慎重に削ります。

乾燥後は割れやすいので慎重に形を整え中

電気炉で焼き上げると真っ白になります。

電気炉で焼き上げた直後は真っ白ですが、磨くとどんどん輝きを増していきます。

今回は、フリーコースということで、作品を何個作ってもOKなのですが、今回はなんと3時間で10個の作品を作られたお客様がいらっしゃって驚きました。

ベテランの方はこれまでの経験を活かし、より高度な作品作りにチャレンジしていました。

IMG_8179

磨き始めると皆無口に

IMG_8154

銀粘土についての情報コーナー

アートクレイシルバーは、写真やレントゲンの現像液や不要になった銀歯、半導体などに含まれる銀から生産される100%リサイクルのエコロジカル素材です。
ワークショップで使って頂いた素材を受講者の皆さんにさらに詳しく知っていただくため、ホワイトボードに銀粘土や宝石の情報などを掲示しました。

Collage_Fotor

 

Collage_Fotor3

Collage_Fotor4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る